女性がダイエット効果を高めたいなら、生理サイクルによる体の変化を考慮に入れるといいでしょう。女性は自分の体の月経周期とダイエットとの関係を知るによって、より効果のあるダイエットをすることが可能になります。プロゲステロンと、エストロゲンというホルモンが、女性の身体の中では常に影響をもたらしています。同じダイエットをしたとしても、効果が出るときと出ないときがあるのは、このホルモンの影響があるからです。月経開始から2週間はエストロゲンが優位になり、排卵から2週間はプロゲステロンが優位になります。どちらのホルモンが優位かで、体質が変化します。女性の身体は、エストロゲンの活動で活発になります。活動期に入った体は、血液の流れがよくなり、エネルギーの燃焼効率が上がって、ダイエットがスムーズになります。反対にプロゲステロンが働いているときは、体が休んでいる状態にあり、代謝や血行は悪くなってるので、あまりダイエット効果が期待できません。もしもダイエットをスタートするなら、エストロゲンが分泌されている時にするといいでしょう。逆にプロゲステロンが働いていて体が休んでいるときにダイエットをしてしまうと、体に大きな負担がかかってしまいます。効率よくダイエットをするためには、月経周期を把握した上で、いつダイエットを開始するかを決めるということです。エストロゲンがふえている時に効果的なダイエットをして、プロゲステロンがふえているる時は体重を保つくらいのつもりで行います。